MARIMOナノ粒子の応用例

高知工科大学との共同研究により生まれた金属酸化物ナノ粒子球状多孔体「MARIMO」。
高知県の協力のもと、事業化への取組みを行い生まれた製品の第一弾がYAMAKIN株式会社の歯科用接着性樹脂のフィラーとして採用され、2020年6月より発売が開始されました。

中実ZrO₂ MARIMOナノ粒子多孔体

中実ZrO₂ MARIMOナノ粒子多孔体

SEM画像 ×10,000

TEM画像

YAMAKIN株式会社 研究開発の紹介

「接着力はもちろん、患者や歯科医師の負担軽減というコンセプトの歯科用接着剤の研究を開始、MARIMOを応用し、高い接着力を有する製品の開発に成功。
また、治療時間の短縮が可能となり、CAD/CAM冠※の症例が増えている今、もっと簡単に、安心して接着できる歯科用接着剤となっております。」
※CAD/CAM冠とは、CAD/CAMを用いた切削加工で作製した高強度樹脂製の被せ物であり、2014年より一部の奥歯が白い歯で保険治療できるようになりました。
 
関連特許:特許6533332歯科用接着性組成物

YAMAKIN株式会社 製品のお問い合わせ

お問い合わせはお気軽に

お問い合わせ
電話での問い合わせ

ページ上部へ